シーズニング

人間疲れると、味の濃いものを欲する。香辛料の効いた料理が食べたくなる。

それとステーキも食べたい。牛肉からしか得られない栄養素がある気がする。

しかし職場から自宅までの帰路にある小さきスーパーに牛ステーキ肉があるのは、まれ。

 

そんな私の最近の流行りはこれだ。

このようなものを外国産の安い牛うすぎり肉にまぶして、焼く。そして食べる。

あまり美味しくないお肉も香辛料の味が強いので、美味しく食べられる。薄切り肉だから切らずに食べられるので、ナイフなども汚れない。

ジャンクフード的な美味しさがある。パンに挟んでサンドイッチにしても美味しい。

牛うすぎり肉って、青椒肉絲か牛丼かくらいしかレパートリーなかったんだけど、最近はこのシーズニングのおかげでよく買うようになった。

体にあまり良くない気がする。けど、美味しい。スナック菓子やカップラーメンを食べるよりはいいかなと思いつつ食べてる。

 

 

終わり

 

小説はあとで書くかもしれないし、書かないかもしれない。書いた方がいいとは思っている。書かないと終わらないので。英語も……