世界への甘え

今日も今日とて何もせずにあっという間に夜。ジムには行ったけどお風呂のみ。

勉強はやろうとした。ノートを開いたし1行書き始めるのもやった。でも集中力は1分も続かなかった。よしやるぞって、時間測って始めるっていう取り組みを3回以上はした。

全く進んでいない。始めたらできる理論は完全に嘘。私においては。

できる人もいるんでしょうが。

今、無駄にした時間を取り戻すべく、勉強しようとしてんの。で、勉強せずにブログを書いてるってわけ。

 

今日思ったこと。なんとなく世界は私に甘いところがある気がした。実際は全然そんなことないんだけど。

小説の件。

私は昨日、文句を言いまくりながら短文を上げた。読みたい作品が存在しないから、誰かに同カプ作品を書いてほしいと思って上げた。

その日の夜、同カプ作品が2つも公開されたんですよ。

私が作品を上げたことは全く関係なく、ただ偶然、同日に公開されただけ。

でもさ、あー頑張ったから、なんか世界がプレゼントをくれた〜って思っちゃったんですよね。(スピリチュアル)

この世界は私に優しいなと思っちゃったんですよ。

そんなことないのよ。まじでただの偶然。

頑張っても報われなかった出来事、過去に沢山あるんですよ。でも、報われなかった出来事はほとんど忘れてんの。嫌な出来事を忘れようとしちゃうから。すぐデリートするからね。

で、なんかこういう良かった出来事だけ覚えてんの。それで、今回みたいな偶然に対して、世界は私に甘いところがあるなぁって思うという。

 

これ、本当に頑張ったから報われたわけじゃないんですよ。ただの偶然。

そして私は意味のない努力を続けてしまう……。