元気

サクサクサクサク。サクサクサクサク。

元気を出していこうと思う。なるべく楽しく。歌とかね、歌ったらいいかと思う。

昼休みにメモ帳に書いた会話文をpagesに移そうと思って、ブログを書いている。

今、やり始めた。オチないんだよなぁ。短いんだよなぁ。

闇雲に書いても意味ないのかなぁ。こういう風に悩む時間が1番無駄なんだろうな。

 

笑う描写が書けないんだよ。いろんな笑い。

にやにやしたり、声は出さないで目と口だけで笑ったり、息だけで笑ったり、

描写の正解がわからん。どう書けば伝わるかわからん。

今思ったんだけど、ギャグ漫画って登場人物は笑ってないかもしれない。登場人物は必死で何かをしていて、読者はそれを見て笑う。

ということは、読者に笑って欲しい場合、私は笑う描写を書かずに、必死な人物を書くべきなのか?

登場人物を笑わせようとしてたけど、それだと面白くないのか?

 

もし、読んでて爆笑したことがある小説があったら教えてください。

漫画は思いつくんだけど、小説は思いつきません。私が爆笑した漫画は「ギャグマンガ日和」です。あと「幕張」今思い出した。昔「泣くようぐいす」買ってた。

 

文章で笑わせるってどうやるんだろう。