書くまえの葛藤(愚痴)

小説を書きだす前の私の葛藤(書きたくない気持ち)を貯金して上手いこと変化させて、小説自体の葛藤として使えたらいいのに。

書いたところで、って思う。ただ書きたくないだけなのに。

とはいえ、書いたところでなんですよね。

書く行動そのものにはあまり楽しみを見出していないので。

つべこべ言ってないで書けよ。

 

あー書きたくないなー、正直、書きたくないんだよね。

なんで書きたくないか、理由はわからないんだけど。単純に脳を使うのがめんどくさいのかな? だとしたら、老化が加速するので使った方がいいよ。

筋肉と一緒でね、脳も使わないと衰えるからね。

訓練ですよ。

書けば、書けるようになるし、書かなきゃ、書くことはできなくなる。

11月にイベントやる(自宅一人)って言ってたじゃない。自分よ。

それまでに1万字書けるようになりたいよ〜

あー想像つかないんだよな、1万字。何が起こったら1万字になるかわかんない。

単純に考えると、10個くらい出来事あればいいのかな。1個1000字。

そうじゃないんだろうなぁ。

やってらんねーな。

書きたくてしょうがないってなってみたいもんだよ。

私がしたくてしょうがなくなること、「だらだら」とか「ゆっくり」とか「のんびり」とかしかないもんね。めっちゃゆっくりしてるのに。

 

やりたくないなら、小説以外のことしたらいいね。

ソータス見るか。ギターもする。

あと、ラジオ体操と筋トレね。

部屋の片付けをしたらいいという説もある。喪服、まだクリーニング出してないんだよ。

クリーニングに出すの、苦手なんだよ。

ほら人間誰しも苦手なこと、あるじゃん。私は苦手なことだらけだな。

怠けているだけでは。

そうなんだよー、怠けているだけなのかもしれない。