うまい文章を読むと凹む

影響力のあるうまい文章を書けるようになりたい。なりたかった。

文章がうまい人間の書く文章って、長くて内容があってするするする〜って読めて面白い。

はあー、私も流れるような上手い文章を書けたら良かったのに。

 

一生懸命書いても2000字が精一杯なんだよね。2000字くらいで書きたいこと全部書ききれちゃう。説明不足なのかなぁ。もっと丁寧に説明?描写?したらいいのだろうか。

余計なことは書かない方が良いっていうのが自分の根本にある気がする。簡潔に必要なことだけ書いてある文章がかっこいいと思っているところがある。

まずそれをやめよう。

今後は余計なことも書いていこう。

あと、どうやったら内容増える? いっぱい考えるとか? 書く内容がいっぱいあれば、沢山書ける。

でもね、書く内容が沢山あると、それを一本の道筋にできないの。

道に沿った内容じゃない部分(主題以外の脇道みたいなやつ)、どうやって書いたらいいかわからなくて(どうやってまとめたらいいかわからなくて)、書けない。

悩み。

構成みたいなのが苦手なのかもしれない。

どうやったら文章うまくなるんだろう。私も文章の書き方ワークブックみたいなやつ買ってやろうかな。実践系のロジカルライティングの本を買って練習したらいいかな。

 

おわり