私が文章を書こうとする理由

コロナの影響で仕事が休み(無給だよ)になったので何か有意義なことしたいなと思って、文章を書くツールを開きました。なんか書いたらいいと思う。

私が小説を書こうとしたのは、何か有意義なことをしたいと思ったからというのもあったわ。消費するより生産する方が、有意義な感じがするから、やろうとしたんだわ。

出来上がるものがあるもんね。ひたすらアイドルを見ていても、何も残らないものね。

今のままだと、寝て起きて食べて顔の良い男の映像を見ていたら人生が終わる。

何か自分でも生産したいと思って、文章を書こうと思ったんだわ。

書いたところで何も変わらないんだけど、何も書かないよりは何か思い出みたいなのが残るので良い気がする。

自分の満足いく文章をパパっとササっと書けるようになりたいなぁ。

 

あと、おしゃれな部屋に住みたいなぁ。おしゃれな服を着たいなぁ。料理を面倒だと思わないようにもなりたいなぁ。今回のフライパン、フッ素加工なのにくっつくんだよ。買ったばっかなのになぁ。

なんかこう、こぎれいな格好して、スコーンを焼いたりしたい。バターは計量して細かく切って冷凍してあるし、作ろうとすれば作れるんだけど、私が小汚いからだめなんだよなぁ。

昨日寝るときには、生クリームといちごと食パンで、甘いサンドイッチ作りたいと思ってたのに何もしていないなぁ。

まず、米を買ってこないとなぁ。米がないと困るからなぁ。他にも必要なものが色々あるし。

小説が書けない以前に生活もちゃんとできていないなぁ。

 

今からちゃんとしたいと思う。遅いなんてことはね、あるけど、ないんですよ。

あるけど、ないと思わないと、諦めちゃうから。諦めるのが1番よくない。

まだ、2時だからね。取り戻せる。

頑張れば、米と苺と生クリーム買って、風呂入って、スコーン焼ける。いける。できる。できるよー

小説は夜。アイドル観るのも夜。今から頑張るわ。