好きなものの共通点について

私は、私が好きなキャラクター(推し)についての考察を読むのがわりと好きです。考察も二次創作だよなぁと思いながら読みます。色んな人の目線から見た推しキャラを知るのは楽しいです。

最近、「私の好きなキャラクター」と「仮面ライダージオウの常盤ソウゴ」には共通点があるという考察を読み、やはりジオウを履修しなくてはと思い、TTFC(東映特撮ファンクラブ)に入会しました。

14話くらいまで観ましたが、今のところ、我が推しとソウゴくんの共通点は感じられていません。ジオウ自体は面白く視聴していますが、我が推しと共通点あるかな??

これからなのかな。まだ序盤だもんね。と思うとともに、

もしかしたら、人間は自分の好きなもの(A)と、それとは別の自分の好きなもの(B)を似ていると思ってしまうのではと考え始めています。

(似たようなものを好きになる説もあるけれど、細かく見ていくと、何を似ていると思うかが人によって結構違う)

私は「グッドオーメンズ」がとても好きで、クロウリーとアジラフェルも好きなんですけど、この2人は自分の推しカプと共通点があると思っています。そう思っちゃうもんなのかもしれない。

嫌いなものと好きなものは、もし共通点があっても、そこに意識をフォーカスしないと思います。好きなものAと好きなものBに共通点があると、なぜかうれしくなっちゃうし、それが好きな原因なのではと思ってしまう気がします。

 

ちょっと話変わります。

グッドオーメンズで思い出したのですが、「私が(多分皆も)絶対好きな2人の法則」聞いてもらって良いですか? 

原作者が、初期構想段階で1人のものを2人に分けたキャラクターは絶対萌える。

現状、2作品しか当て嵌まる作品を見つけていないので大声で主張出来ないのですが、絶対そう。この主張を裏付けるための作品を探しています。

 

ジオウの話に戻ります。14話までの感想を箇条書きで書きます。

  • 変身シーンにおいて、体の周囲を飛び交うギミックで攻撃したり、敵を弾き飛ばすのがかっこいい
  • ウォズの二の腕の隙間が気になって、ウォズの説明台詞が頭に入ってこない。二の腕の隙間について考えていたら、いつの間にか会話が進んでいて、なんか説明してたけど、なんて? となり巻き戻すこと数回
  • ソウゴくんの衣装を7分丈パンツにした人とは、もしかしたら趣味が合う気がする
  • 押田くんはとなりのトトロのカンタの役が似合う。巌流島での演技、楽しみにしてるぜ
  • ウールくんの中の人のインスタを観て、私もちゃんと化粧をしようと居住まいを正した

あと、ジオウで面白いと思ったところをメモするようにしています。ジオウを観終わったあと、私はジオウ分の面白エピソードを貯えているってわけ。

全ての経験をね、自分の糧にしていきたいと思います。弱音はなるべく吐かずにいきたいです。自分の良い面を見るようにしたいです!

小説は書いていません。同人手帳に立てた計画、1日も達成出来ませんでした。今日これからちょっと書いてみるわ。今日は行けるかもしれない。自己暗示。いける、いけるよー。今日は書ける感じするよー。テーマ思いついてないけど。とりあえず書いてみよー。

 

ジオウ、ひと月以内に全部観終わりたいなぁと思っています。