A5二段組小説同人誌(コピー本)のページ数について

まだ終わっていない。最後までいっていない。

短いのに。すごい短いのに。

皆さんが上げる小説本のサンプルより全体が短いのに終わっていない。

で、ページ数。

まだ終わってないけど二段組にしてみました。そしたら、10ページいかないの。

なんか、せめて本文12ページくらい欲しい気がする。イメージ。

ペラッペラのコピー本作るのにこんなに苦労してんのかーっていう気持ちです。

しかも内容はつまんないっていう。つまんないの。私の文章。まいっちゃう。

言いたいこと、伝われ伝われ伝われって思って書いてるんだけど、これ伝わるどころか、つまんなすぎて読んでもらえないなっていう。

皆さん、サンプル上げて部数アンケート取ったりしてるから、私も前半部分サンプル

上げてみようと思うんですけど、短すぎてさー。

部数アンケートとかさ、正直とったところでって感じなんすよ。誰も貰ってくれないことを確認するだけじゃん。自分の分と見本誌を要求された時用の2冊で十分だと思うんですよ。

なのにアンケート取ろうとするのは、もしかしたら誰かもらってくれるかもしれないと期待しているんだろうね。まいるわ。自分のそういうとこ。

それより、書かなきゃなんですよ。

こういう自己嫌悪的なの考えるのも、単純に小説を書きたくなくて逃げてるだけだからね。どんだけ小説書きたくないんだよっていう。

がんばれー

がんばれー