自分の成長

成長するといっても、5%くらいの成長だと1回の挑戦では価値を認識できないかもしれません。しかし成長率というのは複利ですから、たった5%の成長率でも9回繰り返せば1.5倍15回繰り返せば2倍になる計算です。さすがに1.5倍になれば認識できるでしょうから、10回程度やればしっかりと実感できるかと思います。

人気の投稿先と公開する勇気|マシュマロマガジン|note

 

小説を公開すれば成長する説。10回程度は公開してるのよ。短いけど。 成長を実感できていません。そこで思い出した以下の記事。

 

 文章表現は、書けば書くほど水準が上がり、書かなければあっという間に下がります。
 世界的バレリーナ森下洋子さんの有名な言葉があるじゃないですか。
「1日怠けると自分に分かり、2日怠けるとパートナーに分かり、3日怠けると観客に分かる」
 まあ、創作は1日はオーバーでしょうが、1週間で自分に分かり、3週間で読者が分かるほど、文章の水準は落ちると僕は思います。

小説を純粋に「楽しめなくなった」と嘆く30歳女性に「理想が高すぎる」と鴻上尚史が指摘した真意 (4/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 

書かなければあっという間に下がるらしい。公開することで成長するけれど、次の作品を公開するまでに怠けたりなんだりして文章の水準が落ちるので、ずっと同じところにいるということですか?

崖に手をかけて、ずりずりと滑り落ちて、また手をかけて、という繰り返しをしているのでしょうか。手はボロボロ、腕の筋肉は疲労し、一向に上に進めないことに心は折れる。

 

 

成長とは。どうなれば成長したと言えるのか。

長く書けるようになったら成長かしら。きちんとオチをつけられるようになったら成長かしら。読者が増えたら成長かしら。

自分で満足できるようになったら成長かしら。