気になってしかたない話

① モルカーが気になってしかたない

もしかすると、私が元々モルモットを好きだからかもしれない。

モルモットの鳴き声って「ほよほよほよほよ」って感じですごい小さいんですよ。

動物園でモルモットを太ももの上にのせてもらうことができる触れ合いアトラクションに参加したことがあるんですが、

私「今、鳴いてますか?」

飼育員さん「今は鳴いてないですね」

っていうやりとりを何回かして、

飼育員さん「今鳴いてますよ」

私「え?」 耳を近づけてもわからない。

ってくらい、小さい声で鳴くんですよ。

モルモット、サイズは思ったより大きくて声は小さい。かわいい。

モルカー2話も楽しみです。

 

 

② 閲覧数が気になってしかたない

ちょっと思いついて、800字くらいの小説を書いて投稿した。

プロットを立てようとしていた話ではない。書いたことのない、好きではあるが推しているわけではない2人の話だ。プロットに悩んでいたら、ふと思い浮かんだ。

書けそうだなと思ったので書いたら、終わりまで書けた。1日で最初から最後まで書けたの、初めてかもしれない。奇跡。あまり辛くなかった。

で、投稿してみた。もう閲覧数が気になって気になってしょうがない。毎秒、閲覧数を確認しちゃう。

他のことしたらいいと思うけど、なにしたらいい???って感じ。

そわそわソワソワ。そうだブログを書こうということで書いている。

それより、英語の勉強をした方がいいとも思っている。

投稿したら、1週間くらい閲覧数を見ないみたいな人、すごいなぁと思う。

あと、閲覧数とステキを自分でもわからない設定にしてる人もいるらしい。数はどうでもいいと思っているからではなく、気にしちゃうから、そういう設定にするらしい。

 

今、気になってしょうがなくて、また閲覧数を確認してしまった。

病。

特定の何かに心を奪われ「やめたくても、やめられない」状態になること。それは、依存症です。

確かにね、依存しているものから離れるには、どうやってもそれを摂取できないようにする方がいいのかもしれない。

これ、毎日1本投稿したら、私は本気で依存症になってしまうのではないだろうか。

怖い。

毎日1本投稿したら、閲覧数とか気にならなくなるのかな。

 

とりあえず、インターネットから離れるか。とにかく、気にするのをやめよう。

1日で1本書けたってことに満足しよう。100点満点。

あと、次に何書くか考えたり、他のことをしよう。ラジオ体操しよう。