向き合ったからと言って

前回の記事で上手い文章と自分の文章を比較検討してみましたけど、書き出して違いは明確になりましたけどれも、

だからといって、別に楽になるわけじゃないという気づき。

 

ブログに関しては、自分の書きたいことが書けていると思う。小説は上手く表現できない、伝えたい情景を描写できないということがあるけど、ブログは思ったことを書いてるだけから。

書きたいことは書けている。この文章は私の中身とほぼ一緒。

私の書いた文章が面白くなくて中身があまりなくて底が浅いという理由で評価されないということは、つまりそういうことなのではないだろうか。

私の中身の問題っていう。

小説は技術もあると思うんですよ。表現力とか描写力とか訓練で良くなっていく要素がある。

でもさ、根本にある「書きたいこと」の濃さとか深さとか大きさとか、どこまで分析できているかとか、そういう自分自身から出てくるものが、もう負けているというか。

ちょっとまだ整理されていないけど。

勝ち負けじゃないんだけど。

優勝したい。書きたいこと書いて、優勝したいですよね。

 

やめたやめたーって、ROM専に戻ろうかなと思ったけど(今もほぼROM専なんだけど)、それは多分解決になっていないような気がする。 

 

私の中身も努力次第かもしれないので、なんかインプットしたり訓練したりしていきたいと思います。

現状を認めて、改善していくしかない。