何も書く気がおきない

何も書かないと、何もないのだから当然誰にも見てもらえない。

誰かに何かを見てもらいたいのなら、何かを書かないといけない。

しかし、何を書いたらいいのだろう。

 

実際は、何を書いたらいいのかわからないと言うのはただの言い訳で、誰かが読みたいと思っているものを書けば良いとわかっている。

誰かが読みたいと思っているものを、自分が書けるか自信がない、と今書いたけど、それも実は違っていて、自信なんてどうでも良い。自信がなくても文章は書ける。

何を書いたら良いかわかっていて、書くことを妨げる心的要因もないなら、ただ書けば良いじゃない。

その通り。

そうなのよねー

書くしかないのよねー

書きたくないのよねー


なんで書きたくないのだろう。

誰かに自分の書いたものを読んでほしいのに、なんで書きたくないのだろう。

面倒がってるだけなのかな。

文章書くの面倒だもんな。

それなら面倒さを緩和したらいいよね。


果たしてどうやって?

どうやったら面倒に思わずいけるだろうか。悩んじゃうよね~

こう悩むから面倒に感じるのか、書きたくないから悩むことで後回しにしているのか。

後回しにしてるんだろうな~。

うだうだと。


向き合え自分。