怠惰

頭に浮かんでいるものがあるけれど、書き始められない。

アプリは開いた。これ書いたとして、なんかいいことあんの? ないよ。

あーまいった。誰か代わりに書いて欲しい。

あーまいった。

前、オチがないって言ってたやつのオチが思いついたので、それを書くのと、もう一個書きたいのがあって、それのオチが思い浮かんでいません。

オチ、どうしよ。良いオチがあったら教えてください。

 

まじでしょうもない話します。

私、エロ書けないんですよ。難しすぎて。なんかよくわかんないし。どこまでリアルに書くべきかもよくわからんし。そもそも詳しくないし。リアルなとこちゃんと調べたこともなくて。多分、あまり好きじゃないのかも。人間の生々しいのが苦手だからさ。

でも、推しカプのエロは読みたいじゃないですか。この世にないのね。

どうしたらいいのかなって考えたの。

私には書けないのよ。でも、それがあったということを示したい。

それならば、事後の描写をすればいいのでは、って思ったんですよね。

それ自体は書けないけど、何かがあったことは伝わるじゃん?

そんなこんなで、私は書きたいものがあるんですけど、書くのがいつものごとくあれ。面倒っていうの禁止にしてるからあれって書いてる。

オチどうしよう。