正直な気持ち

原稿、やりたくない。

書いたものがお話として成立してない気がしており、不要なのでは?という部分ばかりに思え、削除したら文字数が減り、なにをどうしたらいいかわからず、書き足す内容も思いつかず、辛い。

辛いので、やりたくない。

やる気が出ないのではなく、やりたくない。やる気はあるけど、やりたくない。

これが終わったら、もう小説なんて書かない。向いていないので。

しかし、これは終わらせないといけない。イベントの展示物がないとダメだから。

ちいかわが「なんとかなれ〜」って言ってたけど、私も今「なんとかなれ〜」と思っています。なんとかなってほしい。なにもしなくてもなんとかなるのかもしれないけれど、そのなんとかなったは多分悲しみのなんとかなったなので、今、なんとかして悲しくない結果にしたい。

前、イベントに参加した時は悲しい結果だったので、今回は悲しくなりたくない。もういい歳して泣きたくない。書き上げないといけない。苦痛。

今回のイベントに参加申し込みした私は、イケる書けると思って申し込んだんだと思う。随分とポジティブな私がいたもんだよ。

ポジティブな私がいなかったら、私はなにもしないので、まぁポジティブな私のことは好きだよ。自分の期待にそれなりに応えたい。

日記を書いても小説はできないので、書いた文章を見て苦しんできます。