落とせない

1,000字くらい書いたやつ、セリフを足したり心情を足したりした。

終わらせたい。もういい。オチ、どうやって終わらせたらいいんだ。

もう私は書きたいことを書いた。ただ終わらせたい。

ちゃんちゃん、って部分を書けない。終わった感さえあれば、どんなんでもいい。

いつもここで困っている。

スキーとか一輪車とかで、乗ることはできるけど、最後に止まることができないみたいな感じ。転ぶしか止まる方法がない。

スキーは八の字にすれば止まるじゃん。一輪車は速度を落として、体重を少し後ろにかけて足を下ろして止まるじゃん。

小説はどうやって終わるの?

いつもわからん。いつも困っている。

終わり方がわからん。

終わらせたいだけなんですよ。特に何を書きたいとかないの。終わらせたいだけなの。

どうしたらいいんだろう。

 

陳情令の話します。

陳情令、全50話なんですけど、25話にピークがありました。

ミッドポイントってやつがど真ん中に存在した。

完璧な3幕構成なのよ。50を3で割ると、16.666…ですよね。

16話でプロットポイント1があったんですよ。

そして、33話から場面が変わるらしいのよ。まだ見れてない。

33話から第3幕の解決編ってことでしょ。すごくない?

気づいたとき、鳥肌がたったよ。

完璧なのよ。面白い話って、そうなってんだわ。はーすごい。すごいなー。

何も知らずに見てたけど、そうなってんだわ。

どういうことなんだろ。なんでそうなってるものを面白いと思うんだろ。

人間の感情の動き、何かが反応して、そうなってんだろうね。感動という身体反応。

 

 

二次創作、終わらせたいけど悩んでても書けないし時間がもったいないので、陳情令を見ます。勉強もしないとなんですが。