中心極限定理

読んでもわからん。

中心極限定理:母集団から得た標本平均の分布は、標本の大きさ(数)が大きければ、ほぼ正規分布になる。

このとき、標本平均の平均は母集団の平均と同じで、分散はもとの母集団の分散を標本の大きさで割った値となります。したがって、標本の大きさが大きければ、標本平均の分散は小さくなり、分布は平均値の周りに集まってくることになります。

 

意味がわからん。このとき、以降から理解できない。日本語読解能力がないのかな。

明日になったらわかるようになるだろうか。本を読み進めたらわかるようになるだろうか。

 

小説は書いていません。書く気おきなくてなぁ。ちょっとは書くか。