自信どうこう

 

読んだ。「自信がない」で悩んでるわけじゃないんだけど。成果は出ていない。

読んで思ったこと。

というのも、もし成果が出る環境なら、自然と自信は生まれますからね。

自分の個性で成果を出しにくい環境に居続けるから、自信がなくなるわけです。

すると、「自分が属している環境が問題なのかも」と判断できるようになるかと思います。

成果が出ないのは、属している環境が問題という説。向いてないことやっても、あんま意味ないよっていうやつ。

うんうんうんうん、つまり、私は移動した方がいいって話ですよね。小説書くのやめて、他のことした方がいいよって話ですよ。

成果を出しやすい環境どこだよ。私の、成果を出しやすい環境、どこだよ!

 

「自信がない領域とは、自分にとっては不得手(ふえて)な場所だ。これは、一つの判断基準だ」と分かると、場所を変えられますからね。

それなのに、自信のない場所に固執するから、「どこに行っても、きっとダメだ」と自信を失うわけです。

自信のない場所に固執、してるんだろうね。

やめるか。筋トレ始めたし。他のことするか。どこか私の成果の出やすい環境を探してさすらうか。どこだよ!

成果の出やすい環境、どこだよ!!!

私はどこに向かえばいいんだよ。