読んではいけない聴いてはいけない

 

紹介いただいた本を全然知らなかったので、読んでみようかしらと思って、とりあえずアマゾンでレビューを読みました。

この本を読んだせいでリストカットしてしまったとか、この本のせいで友人を亡くしたのでこの本は出版停止にすべきだというレビューがあって、怖いよと思いました。

読んだだけで? ホラーじゃん。怖いよ。リストカットも自殺もしたくないので、読むのがすごい怖くなりました。呪われた本じゃん。読んだら精神に変調をきたす可能性が高いってことでしょ? 怖いよ。

聴いたら自殺してしまう曲「暗い日曜日」を思い出しました。私はこの曲を聴くのも怖くて、冒頭の少ししか聞いたことがありません。聴き始めたら怖くなってくる。

あと、「中条あや」で検索すると「中条あやみ」の結果しか出なくて、中条あやみ強いなと思っていたんですが「南条」でした! コメントで教えてもらうまで、中条だと思っていました。

買って読むのはとても怖いので、今度図書館などで見つけたら、ほんの少しだけ読んでみようと思います。

 

読んだ人に影響を与える文章、実際にあったらめっちゃ怖いんだなと思いました。あるんだね。すごいね。

そういえば、野崎まどの「[映]アムリタ」に、見たら記憶がなくなったり泣いたり3日過ぎたりする映画を作れる人間が出てきたなぁ。

 

私は誰にもなんの影響も与えない無害で安心な文章を書きたいなと思います。

 

おわり