書く気がおきない

小説を書く気がおきない。

いつもやりたくないって言ってるけど、そういう駄々こね系のやる気が出ないではなく、フラットな気持ちで、書く気がおきない。

まぁどんな気持ちでも、結果:書かないっていうのは変わらないんだなぁ。

 

ブログは習慣にできたけど、小説は習慣にできていない。

英語も習慣にできてない。英語20日間くらいはほぼ毎日続けれたけど、ダメでしたね。今日からまたやる。

難しさかな、楽しさかな。

私ブログ書くの、楽しいのだろうか。なぞ。

読むのは楽しい。

 

なんか色々見たくてしょうがない気持ち。でも何を見たらいいかわからない。

見たい映画がたくさんあったんだけど、忘れてしまった。

なんだか落ち着かない。多動になっている。

落ち着いて小説を書いたらいいと思う。

完結させないと、力はつかないらしい。書くか。

完結させたら、うまくなるのかな。小説うまくなって、なんか意味あるかな。意味は自分次第か。

私にとって、小説のうまさってなんなんだろう。

好き嫌いに小説のうまさは関係ない。

伝えたいことを伝えるための手段でしかないよな。

考えが散漫。

米を買ってくる。笠地蔵のように雪の中、米を背負って家に帰ってくる。

三島由紀夫の「宴のあと」を読もうと思っていたのを思い出した。

脳も多動。落ち着かない。