拡散

手だけ動かせばいい仕事中に、次はどんな話を書くか考えた。それだけを考えてるときよりは、少し書きたいものが思いついた。

そういえば、脳が集中状態(focus mode)と拡散状態(diffuse mode)の時、動いている場所が違うってcourseraの講義で言ってたわ、って思った。

その講義、第1週で止まってんの。途中で日本語字幕がなくなって断念したんだった。

英語理解できたら、色々できるのにな〜。100万回挑んでるけど、全然わかるようにならないよね英語。もしかして私、語学系、弱いのか?

まぁいいや。弱かろうが努力不足だろうが、またやろう。わかるようになりたいなら、やるしかないもんな。

 

話を戻して、小説ね。書きたい話、少し思いついたんだけど、ラブもハッピーもほのぼのも笑いもなくて、これ、読んで楽しい気持ちにならなくない? みたいな感じで困っている。

一応、書きたいことはあるんだけど、ストーリーにならない。推しカプ、同じ場面に出てこないし会話も接触もなし。

葛藤はあって、その葛藤を解消させることはできるんだけど、爽快感はなし。

私はハッピーエンドが好きな人間なのに、なんでこんな、救いのない話を書きたいと思ったのだろうか。いや、私にとってはこれは救いなんだけど。

推しカプへの感情をこじらせてきている。

 

もっと、ハッピーで陽気で気軽なやつを書きたい。読んで良い気分になるやつがいい。考え直してみる!

お題メーカーみたいなやつ、試してみようかな。