重い腰

あるところにとても重い腰がありました。

何をやるにしても腰が重く、ちょっとやそっとのことじゃ動きません。

脳が行動の必要性について説得しても腰はちっとも動きません。

そこで脳は考えて、手に協力を要請しました。

手はよしきたわかったと協力を快諾し、スマホやキーボードを叩きます。

それでも腰は動きません。

手は自分の力ではどうにもならないことを悟り、腕に協力を要請しました。

腕も自分にできることがあるならと、肩から先を一生懸命回しました。

肩甲骨は少しほぐれましたが、腰はちっとも動きません。

脳と手と腕は話し合い、やはりここは下半身に助けてもらおうということになりました。

手はふくらはぎを揉み、脚の機嫌を取りました。

腕は手のサポートをしました。

脳は、腰に再度話しかけます。

それでも腰は動きません。

 

その後も、楽しげな音楽をかけたり、いっそ横になってしまうかと横になったりしましたが、どうにもなりませんでした。

 

終わり