たわ言

実際に書く行動をしたいわけじゃないんだけど。

映画の脚本を書きたい。

古井由吉の「秋の日」を読んだら、推し*1主演の映画で観たくなった。ナレーションはもう一方の推し。私は別に古井由吉作品が好きなわけではない。何かで推薦されていて気になって短編集を読んだだけ。

エンディングが見えているんです。撮りたい画も見えているんです。脳内に見えているんです。

実際書くとなるとつらく厳しい戦いになるのは目に見えているし、完成したとしても、どこにもニーズがないものが出来上がる。

でも、今書いてるやつが終わったら、次、書けたらいいなぁと思った。

実際は書かないと思う。

 

今書いてるやつは止まってる。短編映画作ると思って書いたらいいかもしれない。

難易度上げてるかもしれない。

やりたいことをやる。

*1:言うほど推してない