なにも書くことなどない

でも、何か書かないといけないような気がしてこれを書いている。

「ブログを毎日書く」ということの習慣化が成功したのかもしれない。不毛だ。習慣化したところで、何か意味はあるのだろうか

なにも書くことがないのに、書いている。当然、中身はない。

本当になにも思いつかない。

オタクあるあるみたいなこと書けばいいのかな。

それすら何も思いつかない。

今、頭にあるのは「働きたくない」という思いだけだ。私は働くのが嫌いだ。

何が嫌って、多分、誰かに何かすることを期待されてそれに応えなくてはいけない状況が嫌なんだと思う。

もっと軽く考えられるようになりたい。全ての些末なことを宇宙から俯瞰で見られるようになりたい。私の意識の置きどころ次第。視点をどこに置くか。

自由に幸せに生きていきたい。