日記

プロットを眺めていても何も出てこないので、別のことをして自分の脳を刺激しようと思い、自分の過去の完成した作品を読み返してみた。

説明とか描写とか間とか、ここらへんに何かが足りていない、というのはわかるんだけど、何をどう修正したらいいかわからない。感情の移り変りが性急すぎる部分があるので、なにかしらのエピソードを加える必要があるのかもしれないけど、なにも思いつかない。

改善すべき箇所はわかるが、改善方法がわからない。直したいけど直せない。

とりあえず、非公開にした。

 

読んでみて良かった点は、自分の前ジャンルの解釈を思い出したところ。うまく書けてないから、ちゃんと伝わってこないけど。

私は書いた人なので、文章が拙くて伝わってこなくても何を書こうとしたか思い出せるので、読んで、作者(過去の私)の想い伝わってきたぜ、と思った。

のちの自分のために、何か書き残すというのは良いなと思った。

 

のちの自分のためならば、なにを格好つける必要がある。小説じゃなくても良い、思いついた断片のまま保存しておけば良い。とも思うが、断片だとごちゃごちゃして色々と矛盾しやすい。

整理して小説の形にすると、一本筋の通った解釈として読むことができるから良いなと思った。

結果、小説を書こうということになったので、書こうと思うけれど、それが私にとってどれほど難しいことか。