単純に努力不足という説

いただいたアドバイスをもとにプロットを立て直した。
好きな小説を読み直してもみた。
あとは余計なこと(構成とか葛藤とか技法とか)を考えずに、とにかく書けばいいと思う。

そのとにかく書くっていうのができない。
できないんだなぁ。余計なことを考えることはできるんだけど、何も考えずに書くということができないんだなぁ。

アドバイスをいただいて、とてもうれしくて、やる気もみなぎったので、
ババっと書いて、アドバイスいただいた通りに書きました! 的な記事を書きたかったのだけれど。
そう思うならやれよと思うのだけれど。
自分の行動は理想通りに行かないものだなぁ。

道場で木刀を持って「とにかく書く」ってかけ声かけながら振り下ろすやつ、やるわ。道場ないから脳内でだけど。
やはり精神が弱いのかな。
精神論だしたら、改善できないというか、どうにもならないとこあるから、方法論でなんとかしたいと思うのだけれど。

今から20分間、何でもいいから、頭に浮かんだ考えを文字として打ち続ける訓練するわ。
それとも手本にしたい小説を模写したらいいだろうか。数回、模写したことあるけど、その効果は実感できてないんですよね。
量の問題だろうか。数回どうこうしたくらいで結果など出ないのかもしれない。
数回で、目に見える結果、出て欲しい。
簡単に何もかもできるようになりたい。