2万字

久しぶりに神の作品を読んだ。2万字。

私が書いたら、頑張って多分3000字程度だろうなというテーマで2万字。

大満足のボリューム。面白かった。

神はすごいなぁ。2万字なのにスラスラスラーって読めるのがすごい。気付いたら読み終わってた。ボリュームを感じないのに、満足感はある。

どういうことなんだろう。

 

私も何か書きたいなぁ。

この「書きたい」っていうのは、書く内容を悩んで考えて書き出したいという意味ではなく、

なにもせず「私が書いたそれなりに読める文章」を手に入れたいって意味。