難なく長文を書ける人間とは、相容れないと感じてしまう

1万字の話が書けないと悩む文字書きへ向けたコツの話 | 同人活動のススメ

読みました。構成力ね。

公募ガイドの長編小説の書き方でも構成力が必要だって言ってた気がします。長文には必須なんでしょうね。

そして、起承転結各2500字ずつ書けば良いという説。いつも私が書くのは2000字前後だから、同じテーマでそれを4本(起承転結風にして)書けば良いのかもしれない。

参考にしたいと思います。

 

ところで、「1万字チャレンジする前に、前提の話」として以下の文章がありました。

本来、文字数なんていうのは書きたいことをひたすら書いていたらいつの間にか1万字超えていた、という状況が健全なんじゃないかな。 

文章なんて、書こうと思って書くものじゃないでしょ。

文章、書こうと思わなきゃ、全く書かないのですが。

書きたいこと、捻り出さないと特にないのですが。不健全なんですかね。健全ってなによ。

長文書ける人たちって、こういうところ結構ありません?

無理して書くのは不自然、自分は自然と長文書いてしまうみたいな。 

自然と書けないなら無理して書くことない的な。

無理やり苦労して書いている人間は不健全なんですかね。ちょっとこれ、今度またちゃんと考えてみます。

 

あと、結構よく見かける以下のような一文。

文字数稼ぐだけなら誰にだって簡単に出来るよ。

できねーよ! 

誰にでもに私は含まれないのでしょうか。たしかにね、例外って必ずあるものね。

動作を一つ一つ丁寧に描写したら文字数なんて簡単に増やせる、と書いていますが、動作を丁寧に描写するのも難しいことだと私は思うよ。

 

コツとかアドバイス、素直に参考にしたいと思うのですが、ちょっとした部分に結構引っかかってしまうんですよね。

素直にね、柔軟にアドバイスを受け入れて、そんなこと私には出来ないよって弾かずに、誰にでも出来るなら私にも出来ると思い込んでね、こう、良くなっていきたいと思います。

素直に。