物語作成テキストの穴埋めをする(続き)

続きいきます。

②は「洗濯機が壊れる」で強引に進めたいと思います。これで最後までやって、だめだぁ~ってなったら、「孤島に行く」でもう一回やってみます。

設問⑩ 問題解決を目指す主人公は「⑩」という障害にぶち当たる。

解答⑩ コインランドリーに幽霊が出る

 

設問⑪ 障壁が知れ渡ったことで「⑪」という状況が引き起こされた。

知れ渡らなくても、引き起こされる状況を書けばよいんですよね。

解答⑪ 本人は幽霊の存在に気づかないが、コインランドリー利用後、あまり良くない場所に引き寄せられるようになる。また、幽霊的なものの影響で洗濯機を注文する気にならず、コインランドリーに通うことになる。友人は主人公の様子と匂い(霊の匂いがわかりそうな友人)で異変に気づくが、洗濯機が違うせいだという話になる。

 

設問⑫ 置かれた状況の中で主人公は「⑫」という情報を得る。明らかになった事実を踏まえて主人公は障壁を乗り換えるための計画を練る。

解答⑫ 霊が見える知人に指摘され、自分が何かにとりつかれている可能性がある

 

設問⑬ 主人公は作戦に基づき「⑬」という方法で第一段階を乗り越える。

解答⑬ 霊の存在については半信半疑ながらも、洗濯機を注文する。友人はファブリーズや塩を撒くなどしてくれる

 

設問⑭ ⑬により⑦を解決するための準備が整う。※⑦を解決するために整った事柄を書き込んでください。

解答⑭ 注文した洗濯機が届く

 

設問⑮ ⑦の状況を乗り越えるために主人公は次の行動へ移る。※これから成すべきことを具体的に書き込んでください。

次の行動って、もう問題解決してしまったよ。困ったな。とりあえず洗濯するか。

解答⑮ 新洗濯機で洗濯をする

 

__________________________________

これ設問⑳までかと思ったら㉔まである。

これから、⑱事態が悪化し、⑲最悪の状態になり、⑳葛藤を自覚し、㉑問題解決を計るが、㉒最大の障壁に阻まれ、㉓絶体絶命の状況に陥るらしい。盛りだくさん過ぎる。大変だよ。

⑮でもう問題解決してしまったよ。

絶対絶命の状況って何よ、洗濯機が壊れたことにより、絶対絶命の状況。

 

設問⑯ 問題解決へ向けて奔走する主人公の妨げとなる「⑯」の存在が露になる。※目的を阻害する出来事あるいは直接的な敵などを書き込んでください。

解答⑯ 悪い霊的な力

 

設問⑰ ⑯の存在により主人公は「⑰」という障壁を乗り越えなければならなくなる。※第二の障壁となる事柄を書き込んでください。

解答⑰ 注文した新洗濯機が初期不良で動かない。相次ぐ電化製品の故障、通信障害。不運。体調不良、ダルさ。

 

設問⑱ 主人公は問題解決のために「⑱」という行動を取るが事態は悪化していく。※第二の障壁を乗り越えるための行動を書き込んでください。

解答⑱ 気にしないで、いつも通り過ごそうとする

 

設問⑲ 最悪の方向へ事が進み主人公は「⑲」という絶望的な状況に追いやられる。※追い詰められた状態を書き込んでください。

解答⑲ 洗濯機を返品交換したいが通信障害により販売店との連絡がなかなかとれない。天気予報がはずれ大雨に見舞われる、コップが勝手に倒れるなどで、通常より多くの衣類が汚れる。体調不良により悪夢を見て、汗をかく。

 

設問⑳ 主人公は「⑳」という葛藤が原因で最善の行動を取れなかったことを把握する。※例えば誰も犠牲にしない選択をしていたなど心情面の理由を書き込んでください。

解答⑳ 気づかないフリをする、見ようとしない向き合わない

 

設問㉑ 覚悟を決めた主人公は今まで選択しなかった「㉑」という手段を取り問題解決に当たる。

解答㉑ 存在を認める

 

設問㉒ 主人公に「㉒」という最大の障壁が襲いかかる。※追い込まれた状況あるいは具体的な敵を書き込んでください。

解答㉒ 認めたところで、問題は解決しない

 

設問㉓ それによって主人公は「㉓」という絶対絶命の状況に陥る。※絶体絶命の状態を書き込んでください。

 解答㉔ 体調不良により倒れる

 

設問㉔ 絶対絶命の状況で「㉔」という方法を用いて問題を克服する。※具体的な解決方法を書き込んでください。最大の障壁は①と関連していることが望ましい。

え、①ってなんだっけ?

「距離感と心の余裕」だー。全然関係ないところに到達している。なぜか体調不良で倒れている。なんかそんな感じの方法で問題を解決せねば。

解答㉔ 自分の状況を客観的にみる?一度幽体離脱する?

 

主人公の活躍により当初の目的が達成されて物語は終わりを迎える。

最後、難しいな。よくわからないな。またしても、結末をどうしたら良いかわからない事案が発生してしまった。

これで、プロットを立てれているのかしら。これで小説が書けるのかしら。

なぞ。